乙女部屋スプリングバージョン♡

 

3月3日、今日は雛祭りですね♪

『ニューヨーカー部屋』となっていた乙女部屋を、『乙女部屋スプリングバージョン』に模様替え致しました♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにラブリーな感じにいたしましたが、可愛いだけでは物足りないので

シャビーなペイントのドアやサテンウッドの家具をポイントに置き、インテリアに重みをプラスいたしました☆

 

 

 

 

 

 

Coquecigrues(コクシグル)のベッドヘッドには、同ブランドのクッションやBeatrice LAVAL(ベアトリス ラヴァル)のクッションをいくつも重ねてアクセントに♪

 

 

 

 

 

花かご柄のピンクのベッドカバー:Coquecigrues シングル コットン100% ¥30,000(税別)

シルクベルベットのベッドカバー:Beatrice LAVAL シングル シルク100% ¥68,000(税別)

ベビーピンク×グレー刺繍のマット:Coquecigrues 55×80 コットン100% ¥11,900(税別)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八重咲きのアネモネにヒヤシンス、忘れな草など・・・・・

春にぴったりのグワッシュ画♡

 

 

 

 

 

 

背もたれの編み方が凝っている籐のチェアは1930年代のフランスのお品物です。

ペイントされていない籐の感じが素敵♪

 

 

 

 

 

お部屋に1つあると便利な小ぶりサイズのアルモワールは、2色使いのオリジナルのペイントがお洒落です♪結構収納力があります☆

 

 

 

 

 

 

今回は夜に撮影した乙女部屋もアップさせていただきます。

白熱灯の優しく暖かい灯りを写真ではどう頑張ってもお伝えする事ができませんでした(p_q*)シクシク

雰囲気だけでもお楽しみ下さいませ・・・・・(ノ◇≦。)

 

 

 

 

 

Beatrice LAVALのシルクシャンタンカーテンと、Coquecigruesのリネンのカーテンの組み合わせがとっても素敵です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乙女部屋スプリングバージョンどうぞご覧になられにいらっしゃって下さいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Top